「Office 365」と「G Suite 」はどちらがより良いサービスなのか

 近年、当たり前になってきたクラウドを利用したグループウェアの活用ですが、まだまだご利用でない企業様もあります。「便利そうだし使ってみたいけど、色々なサービスがあって、どれを選べばいいのかわからない」といったお悩みをお持ちの企業様もいらっしゃるでしょう。

今回は、多くの企業で利用されている代表的なサービス、Microsoftの「Office365」、 Google の「G Suite 」。この2つサービスの比較をしてみたいと思います。

比較するサービス

今回比較するのは、

  1. Microsoft 「Office365 Business Essentials」

  2.  Google 「G Suite  Basic」

の2つのサービス。両サービス、他にも様々なプランがありますが、今回は導入しやすい価格レンジのプランを比較してみます。

G Suite Basic

Office365 Business Essentials

価格

680円/ユーザ/月

650円/ユーザ/月

どちらもほぼ同じ価格です。これらを機能面から見ていきます。

機能の比較

G Suite  Basic

Office365 Business Essentials

ビジネスメール

Gmail

Exchange Online

カレンダー

Google  カレンダー

Outlook

オンラインストレージ

Google  ドライブ
30GB

One Drive for Business
1TB

Officeツール

オンラインサービスとして利用可 

  • Google  ドキュメント

  • Google  スプレッドシート

  • Google  スライド

  • Google  フォーム

オンラインサービスとして利用可 (アプリ提供なし)

  • Web用Word

  • Web用Excel

  • Wec用PowerPoint

  • Web用Outlook

サイト作成

Google サイト

SharePoint

フォーム作成

Google フォーム

なし

ノート

Google キープ

OneNote

モバイルアプリ

あり。台数制限なし

あり。スマートフォン5台

タブレット5台までの制限

最大ユーザ数

無制限

300

ビデオ会議

ハングアウトMeet
最大100人

Teams
最大250人

ざっと見ると、基本的な機能に違いはありません。
しかし、細かく見ていくと、いくつかの違いがあることがわかります。

それぞれのサービスの特徴

  1. 1.オンラインストレージの違い

    まず目につくのは、ストレージ容量の違いでしょう。

    ファイルの大容量化は進んでいますが、 Google  ドキュメントなどのOfficeファイルについては、 Google  ドライブでは「容量を消費しない」という点に注目です。

    「まずはどんなものか試したい」「スモールスタートで始めたい」といった場合には、まずは30GBではじめてみても良いのではないでしょうか。また、「やはり容量が足りない」「動画ファイルなど大容量なファイルを扱う」といった場合は、上位の「Business」にアップグレードすれば、5ユーザ以上の契約で容量は無制限となります。Office365には、容量無制限のプランはありません。

  2. 2.アプリケーションの違い

    ビジネスに不可欠なアプリケーションといえば「Word」「Excel」「PowerPoint」の名前がまずは挙がるでしょう。S suiteにも同様のアプリケーションがあります。

    Office 365

    G Suite

    Word

    Google  ドキュメント

    Excel

    Google  スプレッドシート

    Power Point

    Google  スライド

    それぞれの特徴として、以下のようになります。

    Office 365

    1. ブラウザで使用するオンラインバージョン。(Web用Office)

    2. 複数ユーザによる同時編集が可能。

    3. デスクトップアプリ版よりも機能が制限される。

    G Suite 

    1. ブラウザで利用する。

    2. 複数ユーザによる同時編集が可能。

    3. Microsoft Officeとの互換性が高く、Office形式でのファイルエクスポートが可能

    4. Office形式のファイルも直接編集できる。

    Office 365の場合、Web版アプリは機能制限版であることに注意が必要です。作り込まれたOfficeファイルを利用することが多い、といった場合は、別途デスクトップアプリを購入するか、より上位のプランを契約する必要があります。

    また、G Suite で利用できるフォーム作成ツール「Google フォーム」も無視できません。これを使えば簡単にアンケートや登録フォームが作成でき、Webで公開できてます。レスポンシブデザインを採用していますので、パソコンからもスマートデバイスからでも気軽に利用が可能。その上、回答は自動で集計され、グラフで可視化されるので、大変便利です。イベントや催事の申し込みや、顧客満足度アンケートなどでよく利用されています。

  3. 3.最大ユーザ数の違い

    契約ユーザ数にも違いがあります。

    G Suite はいずれのプランもユーザ数が無制限ですが、Office 365は300ユーザまで、となっています。

    Office 365を300ユーザ以上で利用する場合、Office ProPlus」や「Office Enterprise」といった大企業向けプランを契約しなければなりません。

  4. 4.G Suite はここが便利

    • サービスを横断した検索が可能
       Google は検索エンジンからスタートした会社です。検索することを「ググる」と言うのをお聞きになった方も多いはず。それほど Google の検索は優秀です。ファイルの名前はわからなくても、ファイルの中身までもが検索対象となるので、1つのワードで様々な形式のファイルやメールの検索が可能です。これらは Google ならではの強力なアドバンテージといえるでしょう。

    • コンシューマ向けサービスがある
      Gmailを始めとした Google のサービスは、コンシューマ向けとしても無償で提供されていて、スマートフォンやタブレットなどを中心に数多く利用されています。普段から利用していて、インターフェイスに慣れていれば、スムーズな移行に一役買うでしょう。

  5. 4.Office365はここが便利

    • 互換性
      Officeの特長といえば、なんといってもその歴史でしょう。昔から長い歴史を持つアプリですから、緻密に作り込まれたファイルなどがある場合、その互換性が担保されるのは強みです。また、上位のエディションを選択すれば、Officeアプリの最新バージョンを利用できるのもポイントです。しかし、OSやアプリのアップグレードに関しては常に注意が必要です。

    • 国内データセンターが利用できる

      国内のデータセンターが利用できるのも特徴です。有事に際に備え、データセンターは国内になければならないといった場合は有効です。

まとめ

 メールやカレンダー、オンラインストレージとの連携など、どちらのサービスも基本的な機能を備えており、明確な差異はありません。そんななか、どちらを選ぶか、と考えた場合に、共同編集などのコラボレーションをはじめ、クラウドへシフトして、業務効率を劇的に向上できるG Suite は、真に改革を求める企業様にマッチするでしょう。

また、海外ではその価格の安さとセキュリティの高さから、Chromebookのシェアの拡大が進んでいます。そんなChromebookとの親和性の高さも見逃せないポイントです。

 過去のファイルの互換性をはじめ、昔からのアプリを使ったり、ある程度慣れたやり方を踏襲したい、企業として変化が許容されない、といった場合はOffice 365が選択肢となるでしょう。

一見大きな違いがないように見える両サービスですが、近年のHOTワードでもある「働き方改革」という観点から見た場合、G Suite の方に軍配が挙がるのでは、と筆者は考えます。

グループウェアの導入をお考えの企業様は、一度G Suite をご検討されてみてはいかがでしょうか。

クラウドエースのグループ企業である吉積情報株式会社では G Suite  の導入支援だけでなく G Suite の拡張開発も行なっています。G Suite  の導入及び、BasicからBusinessへのアップグレードについてご検討の場合は以下問い合わせ先からご連絡ください。

G Suite  については以下から問い合わせが可能です。

お問い合わせ